津波時の防護さく。

須崎駅プラットフォームからのぞむ。
白い柱と柱の間にワイヤーが何本か張られている。
港の近くの材木が津波の時に市街地に流入するのを防ぐために設置された。
果たして効果は如何


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここにもあった海抜表示 

自宅から東へ1キロメートルほどの宝永町に海抜表示がありました。0.2mです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここは海抜0m!!

下知地区を歩いていたら、海抜0m表示をはじめてみました。
地域の皆さんの危機意識の表れでしょうか。

いたるところに海抜表示があれば、いざというときの心構えをつくるのに役立つし、
減災意識向上にもなるのではないでしょうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風が近づいています 台風・地震などの災害に木炭と七輪

備えあれば、憂いなし
一家に木炭を七輪を備えておきましょう

地震や災害後、炭と七輪で火を起こすことが出来ますので、   
沸騰して消毒された熱湯を使うことが出来ます。
        あたたかい料理をつくることが出来ます。
        暖房になります。
        七輪の直火を囲むと穏やかになり、みんながなごみます。

日頃は木炭と七輪を家族で活用していろいろな食材を焼いておいしく楽しく食べましょう

木炭と七輪は、お金の節約にもなる防災グッズ
 七輪 ローテク(簡単)・ローコスト(経済的)

 ◎ 長期間変質しません。丈夫で長持ちします。
◎ 簡単な構造で壊れにくいです。 
 ◎ 超簡単に炭に火をつけることが出来ます。
(例えば西岡流着火法

ガスや着火材などを使わなくても
新聞紙を使って簡単に火を着けることが出来ます。
七輪一台2100円位だから経済的です。

木炭 ローコスト(経済的)
 ◎ 長期間変質しません。 
 ◎ 保管に手間がかかりません。
 ◎ 保管していてもほとんど危険性がありません。

 木炭 雑 1袋6Kg 2100円ほど 一回使うのに200gとして30回使えます。
    一回あたり70円ほどと経済的です。

~土佐木炭はコミュニケーションエネルギー~

炭火を囲んでコミュニケーションアップ

土佐木炭で山と街をつなぐコミュニケーション

| | Comments (0) | TrackBack (0)

津波、地震対策に熱心な須崎市



| | Comments (0) | TrackBack (0)

--南海地震の過去を語る-- 講演会


南海地震研究家 間城龍男氏が講演中 90歳だそうです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

火事発生 桜井町1丁目にて

はしご車も出動

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マンション火災 はしご車出動


| | Comments (0) | TrackBack (0)

地震のときにも役立つ 七輪炭火超簡単着火法 手順

10分以内で火が起こります。
Img_3468


Img_3463


Img_3458
下の方から火を着ける

Img_3456


Img_3454


| | Comments (0) | TrackBack (0)

南海地震用にバールを準備

DSC00747
南海地震対策にバールを用意しました。母が会社の2階に住んでいますが、地震時はシャッターは電動ですので開かないという想定で裏口の鉄の扉をこじ開けるためです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)