« January 2012 | Main | March 2012 »

高知市だけど、山深い土佐木炭の里へ行ってきました。

Img_4352


Img_4362
炭焼き窯 中へ人が入ることができるほど大きさだった、

Img_4387
炭を切る

Img_4400
炭をふくろ詰めにする

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「火鉢はあるけど、灰がない」方々へ

お待たせしました。

楽天土佐木炭

土佐備長炭の灰を入手しました。

とりあえず、お知らせいたします。

西岡燃料㈱ 高知市桜井町1丁目7番15号

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐備長炭の原木


焼いて出来上がると大きさが三分の一になる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンパンマン列車 須崎駅にて


アンパンマン列車はよく見るが、全体を撮る機会はあまりない。
須崎駅では中村行きの全体の姿が撮れたぜよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すさきお手玉遊び大会ぜよ


毎年二月に開かれている。
子供からお年寄りまでワイワイガヤガヤと楽しんでやっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

津波バリアで漂流物をSTOP!! 須崎駅前


白い柱と柱の間にワイヤーが張られている。
効果はいかほどだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

津波の碑 須崎市にて


チリ地震津波の碑。

私が小学校3年生の時だったと思う。
自宅前の高知市を流れる新堀川の流れが急に流れ出したことを記憶している。
津波だということは後で気ががついた。

須崎市では大きな被害が出た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐備長炭の囲炉裏、風情があるぜよ

ある炭焼き釜の近くの休憩室にありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

迫力満点!!土佐備長炭窯出し


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご存知ですか?ウバメガシの木

ウバメガシの木ぜよ。今度、挿し木をして増やしちゃろうと思うちゅう。
山に植えたら土佐備長炭がいっぱい出来るかもしれん。

明日土佐備長炭の仕入れに室戸へ行くので、いろいろ聞いてこうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご存知ですか?武市半平太道場跡の碑


幻の魚アカメのすむ自然と歴史の残る新堀川の東側に龍馬がよく通った武市半平太道場跡があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハナキリン満開ぜよ!!


私の大好きなハナキリンが自宅の3階で満開です。

外ではこんなに咲きませんが、日当たりのよい3階南側だから咲くのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜井跡 高知市新堀川界隈北側


この井戸のおかげで清水を使用できるようになった。

今は道路の真ん中に碑が埋め込まれている。桜井は町名になって桜井町です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐の日曜市の買い物

今日の買い物

土佐文旦3つで300円 おはぎ3つで200円  日本そばセット200円 

サラダセット100円 ほぼ毎週買う酸っぱいつけもの120円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐の高知で雪遊びぜよ


高知駅前の広場で子供たちが雪遊びをしていた。
雪をどこからか運んできたのだろうか。

ここではつくっていなかったが、そういえば、
雪だるまの目やまゆ毛は木炭を埋め込んで表現していたのではないか。

高知はめったに雪が降らないので、小学校の時は降ったときは運動場で授業の時に一時間ほど遊ばしてくれたもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新堀川界隈は志士の足跡だらけぜよ


郵便を出した帰り中江兆民生誕地の碑を撮ってみたぜよ。

向こうにみえるのがはりまや橋の東を南北に流れる幕末の志士たちが走り抜けた新堀川に
フタをしてつくった道路ぜよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

炭焼きに挑戦ぜよ


炭焼きの方にお願いして炭の原料の小枝を持ってきてもらいました。
実際の炭はもっと大きな木ですが、実験的に小さい「窯」を作って焼くので小さい枝にしました。
うまくできるかどうかお楽しみ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐木炭が入荷!!


高知県西部から土佐木炭が新たに入荷しました。
土佐木炭を使って高知の山を元気にしていこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空中犬!?日曜市にて


日曜市におった可愛らしい犬、思わず撮影してしまった。見方によると浮いているようにみえる!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高校生の休憩所!?日曜市にて


高知商業の学生たちが休憩所を運営しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

移動コーヒー店!?日曜市にて


土佐の日曜市はおもしろいぜよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「坂本龍馬」ぜよ

.武市半平太道場へ龍馬がよく通ってきたもんぜよ。道場はうちの近くぜよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自由民権の思想家であり、活動家であった中江兆民生誕地付近の地図


| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐炭々お客 大いに盛り上がる


外はひやいが中はぬくいぜよ
炭火でひとのこころもぬくもっていく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さむいからあたたかくなる84炭土佐炭々お客の準備


| | Comments (0) | TrackBack (0)

3階の温室みたいな日当たりのよい部屋 20日大根も種をまいたし


大好きな花キリンが冬にもかかわらず花を咲かせています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐備長炭にエッセンシャルオイルのローズをしみこます


備長炭にしみ込んで香りが持続します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自給自足を目指して小さな一歩


二十日大根の種をまきました。
本格的な農業までいかなくても植物の栽培方法を身につけましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜市、紙芝居もあったぜよ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜市、ひやい、こたつ!?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンパンマン!?日曜市


| | Comments (0) | TrackBack (0)

板垣死すとも自由は死せず


自由民権運動家板垣退助の銅像が高知城のふもとにあります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅原真さんのぴっぱる84プロジェクトが雑誌ソトコト3月号にとりあげられました


| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐炭火体験「授業」のお礼がきました

先日行った小高坂小学校の生徒さんからお礼の文がきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土佐炭火で焼きイモ 追手前小学校にて



| | Comments (0) | TrackBack (0)

焚き火で焼きイモ

炭で焼きイモともに焚き火でも焼きイモをやったぜよ

いもを濡れた新聞紙で包んでその上をアルミホイルで包んでたき火に入れる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

囲炉裏でおきゃく


囲炉裏を囲んでおきゃく(懇親会的なもの)を初めて体験しました。
なかなかよかったぜよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2/20に梅原真さん「プロフェッショナル仕事の流儀」放送日が変更

梅原真さんのNHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」が
2月20日(月)午後10時からに変更されました。
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

まっことぬくいぜよ


火鉢に土佐備長炭火をいれてみた。

手をあててみるとやわらかいあたたかさがありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自給自足を目指して 出来ることから実践


二十日大根ラディッシュの種を購入しました。
これを3階の小さな「空中庭園」!?で栽培していきます。

エネルギーの自給自足は糸口をつかんでいますが、
食料の自給自足はこれからはじまりです。
本当にわずかな小さな一歩です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新堀川はシンボル川


寒い中、はりまや橋の東を南北に流れる幕末の志士たちが走り抜けた新堀川にひっそりと青ノリが育っています。新堀川はドブからきれいな川によみがえったシンボル川

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »